検診案内見出し
生理検査

 

1.心電図検査
1 安静時心電図検査
狭心症、心筋梗塞、不整脈など心臓疾患の発見や、診断、経過観察のための検査です。
2 負荷心電図検査
安静時では、明らかな変化が認められない場合に、軽い運動を一定時間することにより、異常があるかどうかを検査する検査です。
3 24時間ホルター心電図検査
24時間の心電図を測定することにより、隠れている心臓疾患を見つける検査です。
2.肺機能検査
気管支喘息、肺気腫をはじめとする肺機能障害の有無および、呼吸器疾患の障害パターンと重症度を把握するための検査です。
3.血圧脈派検査
両手、両足の血圧を同時に測定し、PWV(血管の硬さ)とABI(狭窄)を知ることができます。

4.睡眠時無呼吸検査
検査科機器2
睡眠時無呼吸症候群を見つけるための検査です。睡眠時に簡易検査機器(Pulsleep LS-100)を装着して寝るだけの簡単な検査のため、自宅で検査ができます。
5.サーモグラフィー検査
皮膚の温度を測定し、熱分布を写真で表わすことで、炎症や血行障害、腫瘍など、皮膚の温度異常や左右差が一目でわかります。
6.超音波検査
超音波診断装置(ALOKA prosoundα5)を使用して、腹部(肝臓、膵臓、胆嚢、腎臓、消化器など)、心臓、表在(乳腺、甲状腺など)、血管(頸動脈、下肢静脈など)、泌尿器(膀胱、前立腺など)の検査を行っています。主に臨床検査技師、診療放射線技師の2名で行っています。